2013年12月16日

こいぬのしつけ

子犬のしつけを書いた本を 久々にちらっと見た。
お客様が子犬を迎えるにあたって買ってくれたのものだ。
ちゃんとしつけて 飼おうという心構えを感じて 嬉しかった。

だけど内容を読んで どうも違和感を受けるものが多かった。

例えば ”子犬を迎えたら1週間はケージから出すな。”

というもの。

ケージに慣れさせようという趣旨だろうと思うが その間泣きわめくのでは??
無人の部屋にサークルがあるなら 概ねうまくいきそうだが
たいていリビングに置かれているであろうサークル、

心配な気持ちで新しい家庭に到着し
ここは安心なのか?
自分は愛されるのか?
自分のここでの立場はどうなのか??
知りたいこと 確かめたい事が山ほどあり 小さな胸を痛めているというのに 放置するのでしょうか?

私はまず 愛情ありきと思うのです。
子犬を気が済むまで 匂いをかがせ、探険させ
気が済むまで 抱いて安心させ、
「どうやら ここは安心なようだぞ、、頑張ろう」と思えるように 包み込んでやることが大切ではないでしょうか?

まだ保育園児位のこどもなのです。
まだ 本当はママに甘えていたい年頃なんです。
それがひとりで 頑張っているのですよ。

そうせずに ケ―ジに閉じ込め 無視したら
不安のあまり 泣きつづけるると思うのですが。

すると 飼育書どうりにならないからと 飼い主は
この子は うるさい子だ
落ち着かない子だと なるのではないのでしょうか?

子犬にも気持ちがあるのです。
そこを考えないと可哀想です。

先日旅立った子は ご家族とみっちり飼い方のお話をして連れて行かれました。

夜にメールをいただき
チビちゃんが 帰宅後 ずっと遊んでもらい過ごしたこと、
ちっこがしたくなったら サークルに戻ってしたことなどが書かれており とっても嬉しかった。

新しい飼い主様と作戦会議??をするのですが
出来るだけしつけが楽なように サークル内の配置を 我が家と同じにするというものです。


このご家族も うちと同じ条件で配置して下さったので
子犬は迷わず ベッドとトイレを認識したことでしょう。

ちょこんとベッドに座る 子犬の姿を見て
ホッと一安心の 私でした、、、、、、、、、、、。





同じカテゴリー(トイプードルの生活情報)の記事画像
ペリエ嬢   避難
色々考えてるぞ
犬の性格と躾
犬はサークルで飼うもの!?
老犬のお世話
犬の避妊 去勢について
同じカテゴリー(トイプードルの生活情報)の記事
 ペリエ嬢 避難 (2018-07-21 15:50)
 色々考えてるぞ (2018-03-26 09:03)
 セカンドオピニオンの勧め (2017-09-30 00:43)
 薬の副作用 (2016-12-19 21:06)
 トイプードルのご飯 (2016-10-19 11:01)
 デブのプードル (2016-09-25 21:01)

Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 10:30│Comments(0)トイプードルの生活情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
こいぬのしつけ
    コメント(0)