› トイプードルのお城 PRIMO|ブログ › トイプードルあれこれ

2018年11月21日

獅子丸君



なんとも強そうなお名前つけてもらった獅子丸君。お兄ちゃんの豆助君より小さいです 笑笑
そのくせとても威張ってるらしくて、新しくママさんが買ってくれたふわふわのクッション、独り占めしてるようです。
お兄ちゃんと寝ればいいのに。

どうも、次女 次男 が幅を効かせるパターンが多いような気がする、、、気のせいだろうか、、、
先日紹介のユノちゃんもそうだし、、、、笑笑  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 09:34Comments(0)トイプードルあれこれ

2018年05月21日

交配、、、、、

交配についてあまり書いたことがない気がする、、、??
たまに書いてみるか。今日は思うところありました、、、、、。

一般の方の交配依頼や プロの方の交配もよくお受けするのですが
プロの方々の交配はものの見事に妊娠いたします
オスの所有者である私がすべきことは メスの所有者様に指定された日に確実に
”” 行う ””
ということなのですが ブリーダーの皆様のはほぼ確実に妊娠します。
いかに正確に見極めているか?ということなのですが
裏技もプロはありまして やはりプロの方はオスも飼っていることが多いので
オスの反応も参考にして割り出せるという点が一般の方との違いでしょうかね。
一般の方の交配で外すことがあるとすれば 
やはり排卵日の特定がうまくいかないことにあるのではないかと思います。

今日の事件はこうです。
3月25日に遊び場でオスがノーヴェを熱心に追いかけ始めたという目撃があった為
暫定的にこの日を発情開始とすると 通常であれば 出血開始から12~14日が排卵日に当たる事が
多いので 4月5日が適日となる。
が 経験上ノーヴェは排卵が非常に早いタイプで通常の日程の交配では妊娠に至らず
かなりの前倒しで交配することで妊娠してきていたのです
出血も全くないし、オスの関心が薄れるのも異常に短期間で 非常に謎な女なのです
長い子ではオスは2週間近く付きまとうのですが この方、3~4日、、、トホホ。
その経験を踏まえ その日から監視下の短時間のみ同居させてみましたが
体格(足の長さ)が合わず 自然交配には至りませんでした。
それでオスの関心がまだあった4日目に人工授精をしておきました。
この日から起算すると 出産予定日は 5月26にち前後になります

それにしては異常にでかいお腹を早々とからしていたんですよ、、ノーヴェさん。
不審に思いつつも 週末にお産だと思いつついたわけです。
そして今朝 ひ~~ひ~~と普段声一つ出さないおとなしい彼女が 私を呼び続けていたんです
どうも様子がおかしい。
で、見に行くとごはんを吐いてありました。え!!と思ってみると足が汚れています。
緑色、、、これは胎盤剥離のしるしです。
大慌ててでとりあえず エコーやらレントゲンやら診てもらわねば~~と駆け込み
診てもらいましたが 先生は 子供は生まれてもいい大きさですね~~と。
えええ???交配から 55日しかたっていないのにそんな??未熟児のはず!!
と私は強く信じていた。迫力に押され先生も あれ、、そうだな、、、と沈黙
とりあえず 痛み止め?点滴をしつつ様子見の入院となった。
2時間後 先生からお電話があり 普通の元気な赤ちゃん生まれました~~って。
えええええ~~~~です。
では 妊娠は人工授精ではなかったのだろうか。
交配が成立していなくても 精子がなんらか侵入したということなのだろうか。

大きな謎を残しつつ ノーヴェは本日出産致しました。

というわけで 排卵も個体差があり 特有の子もいるわけです
一般の方の場合 開始の見逃しも考慮して早めに致します
卵子の寿命が24時間ほどしかないのに対し 精子は1週間程生きるので 早めに待ち構えておくのが
安全策です 
排卵が終わってから何度交配しても全く意味がないからです。

 
 
  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 19:50Comments(0)トイプードルあれこれ

2017年11月13日

癒しです


愛犬を抱っこするときどんなふうにしますか?
私は 抱っこするとき たいてい顔の横に顔を持ってくる感じ、つまり
スリスリと頬ずり出来るような感じで抱っこします。

そうしながら話しかけたりすると 犬もわかってんだかわかってないんだか
それでも満足げな顔をしているものです。
私は顔にフワフワした毛があたると 子供達が赤ちゃんの時にお世話してた時の事を思い出します。
子供の柔らかい髪が顔にあたると とってもかわいかったものです。

犬も 抱っこしながら フワフワした毛があたると かわいい~~って思います。

これって 体にいいと思います
愛情が湧いてきて なにやら体にいいホルモンが出ていそうですよね。
実際 アニマルセラピーなるものもあり 老人ホームなどでもなされていますよね~~。
  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 17:22Comments(0)トイプードルあれこれ

2017年02月24日

子犬の社会化




ママと兄弟とぬくぬく 安全に暮らした時代を過ぎると 子犬達には様々な試練?が待ち構えています
人間に触られる、、特に子供、、、、かなり迷惑です。
掃除機など 不快な音の出る機会が現代社会にはたくさんあります
うちの 下の娘 マメな女でこまめに掃除機かけます。
子犬 ビビるビビる。
こたつのお布団の陰で 見ています

すべては慣れです
大切な事です
様々なことに免疫を付けること。
過保護はよくないです
過度の怖がりは 攻撃性につながります。

免疫といえば つかなくていい免疫もあります。
うちの娘が友達と話してるのを聞いていましたら
「いいな~あ、まいまいのママ優しくて。怒らんやろ??全然」
「え~~怒るよ~~結構」
「うそ~~怒らんやろ~~」
「怒るけど 全然怖くないし~~あははは~~」

「。。。。。。。。。。。」
(*´з`)

私 結構叱るほうです
しかも 乱暴な言葉も使います
例えば 人格疑われそうですけど
「いい加減にしんと 叩きのめすぞ!!」とか ぶん殴るぞ!!
なんて 日常茶飯事です 自分でも叩きのめすって言葉がおかしくて 時々一人で爆笑してますけど、、。
でも 私 一回も 叩きのめしていないし ぶん殴りもしていないのですよね、、
そうすると 子供たちも 聞きなれたセリフのようなものになってしまって なんの効果もないことになります。
ビビってすらいないことが 衝撃でしたが(笑)

話が横道それたんですけど 子犬を迎えてしつけをするときは
家族全員同じルールでしつける事が重要です。
子供のしつけにことごとく失敗した私が言っても 説得力ないですよね、、、、、(*´Д`)

  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 17:03Comments(0)トイプードルあれこれ

2017年01月22日

トイプードルのおしっこ飲んじゃいました、、、



飲んだといえば 語弊があるか。。。。。
口に入った、、、というのが正確か??   笑

うちで生まれた子たちが トリミングに来てくれた時 私はとっても嬉しいのですが
ちびちゃん達も喜んでくれるんです。。
飛びついてくれる子、うれしょんする子 様々ですが
今日 ココア君がきまして お店でバッタリ!!
私もテンション高く 「きゃ~~ここあ~~」と やってしまったわけです。
そしたら ココア 嬉しそうにバタバタしたので ママから私が受け取ろうと
手を伸ばした瞬間 ピュっとおしっこが飛んできました( ゚Д゚)
にっこり笑ってた私の口に 命中ですわ。
きえええ~~~と お口をすすぎましたが
瞬間 苦い味がしたので 成分はなんだったっけ、アンモニアとか、、、などと考えてた私は変わり者ですね。
正直 たいして汚いとも感じなかったですね。

それにしても 通常うれしょんて にじみ出る、あるいは 漏らす、、、というイメージですが
ピュっと飛び出しましたよ!!ビックリです。
でも ココアの嬉しい気持ちが伝わって嬉しかったですよ。

本日 嬉ションにも 種類があることを知りました( ..)φメモメモ
①滲み型    ほんの少し、あれ??というくらいぬれているもの
②漏らし型   結構おもらしといえるほど 出る子
③飛び出し型 発射するように勢いよく出る子 オス限定(泌尿器の形状により)

う~~ん。くだらない記事になってしまった、、、、。
しかし 反面 ”為”にもなりますぞ( ;∀;)
私は今度からココアを受け取るとき 横から行くことにします。
人間 日々学習ですわ。。。( *´艸`)  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 15:28Comments(0)トイプードルあれこれ

2016年08月01日

悲しいけれども

昨日 悲しい報せがあった。
もう 9年も前、私の手を介して 旅立っていったプードルが亡くなった。
うちで生まれたのではないけれど 小さくて可愛いので手元に置いていたとき
弟の会社の従業員が遊びに来ていて気に入って 連れて帰ることになったのです。
そのころ 彼は独身で 私は独身の人に子犬を渡すことを当時ためらっていたのでした。
結婚など 環境の変化が起きた時 その子がどうなるか心配だったからです。
それでも 弟の従業員でもありましたので 経済力に関しては全く心配なかったのと
何かあれば ちからになれる近い存在だったのもあって彼に託しました。
ムックと名付けられました。

彼はダックスの女の子を飼っていましたので
そのうちにその子が妊娠して 男の子を出産しました
私はそのお産にも 立ち合いました。
その子がムクムク大きくなり 父親を追い越してしまって
ふざけて遊んでいるときに 父親の方が小さかったために脊椎損傷の大怪我をして
病院に担ぎ込まれました
私も何度かお見舞いにも行き大変な大手術だったのです

というのも血小板減少症という病気を彼が持っていたために出血が止まらないのです
フォンビルブラントという血液の遺伝疾患は割とよく知られており 遺伝性網膜萎縮症とセットで手軽に検査できるので
私もしていましたが ムックはフォンビルブラントではなかったのです。
フォンビルブラント以外にこちらのほうが聞く頻度が高いので 
これ以降 フォンビルブラントの検査をやめました。

話が横道にそれましたが ムックはそれでも頑張って長い長い入院生活を耐えていました。
奇跡的に一命をとりとめたのです。
入院費を含めて 莫大な費用もかかりました。
彼はしょっちゅう面会に行っていました。それにも私は感動しました、、、、
完全に下半身が回復したわけではなく 排尿排便も介助が必要でした。
退院してからも 仕事の合間をぬって ムックのお世話をしていました。
少しずつ良くなっているっていう報告を受けつつも 彼が富山に転勤になって 縁遠くなっていました。
それでも たまに会ったら ムックはどうしてる?なんて聞いていました
そのころには 信頼できる飼い主なんだという気持ちでしたので なんの心配もしていませんでした。

そして 昨日の知らせ、、、、、、
ムックは なんとか足を引きずりながらも走れるようにまで回復して元気に暮らしていたのだそうですが
夜 前足が急に痙攣して 朝病院が開くのを待たずして亡くなったそうです。
あまりに急で彼もショックを受けていましたが
長年介護してきた彼が推測するに 動きが悪い下半身をかばって前足で懸命に動いていたので
かなりの負担がかかっていたんだろうとのことでした、、、、、。

写真を送って、、と頼んだら 可愛い幸せな写真が送られてきました。
家族と過ごす穏やかな日々がそこにはありました。
家族として大切にされている姿でした。

ありがとう、、、って思いました。
決して平たんな人生ではなかったのですが
良い飼い主に巡り合い 幸せな日々を送ったのです。

いつも思います
飼い主さんによって 人生が変わるのです。
長い間 この仕事をやっていて 大体 どのような方か見分けられるようにはなっていますが
やはり 良い飼い主様を探すことが いかに大切かと思い知らされました。

私は毎日 今日は良い飼い主だったか考えます
大体 自分に失望する悪い飼い主のような気がします。
それでも 今日この子たちは楽しかったのかな?
イライラしたのかな?と 思いを巡らせる事が大切だと考えています。
それをしないことのほうが 悪い飼い主だと思えるからです。

ムックの冥福をお祈りするとともに 彼に心から感謝したい
そしてお疲れさまと言いたいです。
飼い主として 素晴らしかったと心から思いました。




  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 10:07Comments(0)トイプードルあれこれ

2016年07月05日

男の子か 女の子か?

トイプードルの男の子か女の子か?
さて どちらを飼おうか?悩むところですね~~

私の答えは どっちでもいいのでは?
です  (笑)
トイプードルは、というよりも 小型犬は 男女の性差が顕著ではないですよね、
これ 外見の事ですが。
言い換えれば 女の子を女の子らしく 男の子を逆に女の子のように飼育する事が出来るんですよね
カット犬種ならカットで、あるいは洋服などで。

トリミングサロンを経営しておりますので様々なワンちゃんがいらっしゃいますが
雄雌 確実に当てれるとは限らず 一応ご新規の時は確認しています
多くは お名前や 雰囲気で大体当てれますが え??って時もあります。

私が初めてのトイプードルを飼いました時は 選べなかったんで 自動的にメスを飼い始めたわけです。
本当は男の子がいいな~と思っていたのですが、、、(実家は猫がずっとオスだったのです)
次のお友達に迎えた子も自動的に 女の子になりました
その後 迎えた 男の子のプードルのあまりの可愛らしさ(外見も性格も)にすっかりオスの魅力にはまってしまったのですが、、。
女子に比べて完成は遅いし いつまでも甘えん坊で可愛いのです。
それでブリーダーをしているのに 男子の比率がおのずと高いのです。

この内容は度々ブログに登場するのですが では オスメス二匹同居したらどうなるのでしょうか?

やっぱりどちらか 避妊去勢ですね。

女の子は年に1,2回 生理が来ます
その都度 大変強力に 魅惑的な匂いを発しますので 男の子たちは頭の中 其ればっかしになっちゃうので
食欲も落ちてしまいます
妊娠を望まない場合はこの2週間、大変です。

このことを除くと オスメス同士はうまくいく組み合わせなんですよね
キツイ雌にも 牡はうまく対応できる器の大きさ?を持ってる子が多いように思います
熾烈な女子同士の権力闘争みたいなものは 男子には少ないですし
生理中の女子の奪い合い以外のケンカはうちでも ありませんね。

今 うちの男の子の子供を産んで下さってママと同居すると決めて赤ちゃんを育てているご家族が複数ありますが
どちらも 男の子が混じっています。
近い将来 避妊去勢について話合わなければなりませんが みんな 男の子の可愛さにはまるのではないかと
観察中です。
どのご家族も 3頭、5頭と多頭飼いに突入するのですが
トリミングも定期的に来られている 経済的にも非常に余裕のあるご家庭なので心配していませんが
子供を産ませたい気持ちは 大いに理解できるとして
産まれた後 単純に増える飼育費用を 現在の飼育レベルを落とすことなく 維持できるか
事前に確認せねばならないと思います。
安易に産ませて どちらもグチャグチャになったらかわいそうですもの。

話が横道にそれましたが 最近よく受ける質問なので 書いてみました

写真は オスメスどっちでしょう~~??


 


  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 11:18Comments(2)トイプードルあれこれ

2015年12月11日

ブリーダーって② 口蓋裂の子犬を育てる

その方は可愛い小さなブラックのプードルを飼っていらっしゃって あまりに可愛いので
お話ししているうちに お母さんがトリマ―さんで ブリーディングもされているということを知りました。
しばらくすると もう一頭新しくレッドのプードルを迎えられたということで
その子の話をしていたら 口蓋裂だと おっしゃったのでとても驚きました。
一般の方にはあまり聞きなれない先天性の病気なのですが なぜ聞きなれないかというと
口蓋裂であれば 成長できず自然淘汰されるからです。
ですから 目にする(ペットショップなどの店頭に出てくるなど)機会もないものと思われます。
本来閉じているはずの口蓋に隙間が生じているために 口の中を陰圧に出来ないので
授乳が出来ないので 自然の中では死にゆく運命にあります。
また 慣れないブリーダーさんですと おっぱいくわえてるけど どうも体重が増えない 育たないと
思っているうちに命を落とすものと思われます。
未熟児だったのかしら、、、という子の中に 口蓋裂の子が混じっているのではないかと思われます
また発見しても 育てるのが大変で且つ もう販売できないので特別な延命をせず 自然に任せておく、、、、という
ブリーダ―さんがほとんどではないかと思います。
私はこれは ごく理解できることなのです
障害児を育てるのは並大抵の事ではないですし 何度も手術が必要なケースがあり大変なのです
一般の皆様は 
「それでも自分で産ませた命でしょ、責任とって当たり前!!」   とおっしゃるでしょうか、、、、。
それも 理解できます。
しかし 毎日毎日休む暇もなく犬たちの世話を続けているブリーダ―さん達がいるからこそ
可愛らしい子犬たちに巡り会えるのです。
趣味で一匹、二匹飼っている犬を繁殖させている方々からすれば 別に大変じゃないじゃない、、と言われそうですが
何十頭も飼われているブリーダ―さん達には 朝から晩までそれこそ世話に追われている状態です。
それでもやっぱり犬が大好きで 生きがいで、、、という方がとても多いのですよ、、、。
そして産まれた命が何らかの原因で亡くなったとき 傷つき涙しているのです。

さて 口蓋裂のその子は 飼い主さんがどうも体重が増えないということで気が付き
獣医さんで診断されたそうです。
ママさんは 育てようと決心、4回以上の手術を乗り越えています。
ご飯を食べさせるのも一苦労、語りつくせない苦労があったはずです。
その子は一生懸命生きている、、今では3キロを超える体重、立派な体格に育っています。
感動しました。
「このこ すごい子だね!!!、ラッキーボーイだよね~~。」と話しています。
自然なら淘汰されたはずの命の頑張り、輝き 感動しました。この子が可愛くてなりませんでした。
この子の頑張りも当然ですが 必死で支えた家族の思いに胸が打たれました。
飼い主さんは 口蓋裂についての情報があまりに少なく 本当に苦労したので
自分のこの経験を 役立てられないものか?と思っていらっしゃいます。
もし このブログを見ていて もしかして?となったとき
助けたい、、と思われたとき 連絡いただければ、、、と思います。
助けることが正義とは 決めつけられないとは思います。
助けなかった人が罪でもないのです
なかなか難しい口蓋裂という病気をかかえ生きていくことが本人にとって幸せなのかどうかという
問題もあります。

それでも生まれた子がそうで 助けたいという強い思いがあったとき ご連絡下さればと思います。




  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 16:33Comments(0)トイプードルあれこれ

2015年11月27日

トイプードルの噛み合わせ


私らパグは アンダーショットが正解なんですわ。

トイプ―ドルをドッグショーに出陳する場合 歯の噛み合わせはとても大切で
シザーバイトという トイプードルとして好ましいスタンダードがあります。

ペットとして飼う場合 別段この噛み合わせが アンダ―ショット(受け口)であっても
オーバーショット(人間の出っ歯みたいもんです) であっても生活に支障がないので
大した問題でもないと 正直思っていますが
アンダーの場合 美観を損なう場合もあるので 結構一般の方でも気にするケースがあります。

私は子犬をお譲りするとき 一応 アンダーの場合は 価格に減点として反映させていますが
仔犬のアンダー、本当にわからないですよ(´・ω・`)

このこ 結構アンダーだな、、、という仔犬がいても成長とともに正常な噛み合わせになることも多々あります。
逆に 綺麗な噛み合わせでも 成長とともにアンダーになってビックリする場合もあります。

昨年一頭 今年一頭 アンダー?と思っていたのが 完全綺麗な噛み合わせになりました。
その逆も一頭いましたね。
今年のアンダ―の子は それはそれはひどいアンダ-でした
生後間もなく見つけ 2か月頃には まだ アンダ―でしたが だいぶん治ってきていました。
現在5か月 ティーカップのこの子は 完全に正常な噛み合わせへと変わりました。

トータルで見ると アンダーショットは少ないのですが これが遺伝するかというと
どうなんでしょうか?
両親ともに理想的な噛み合わせの夫婦からアンダ―が出たりしますし。

こないだ お写真を載せたピョルはとっても愛らしい可愛い女の子ですが
父親から優しいコートの色を、、、
母親からは 顔立ち 骨格(肋骨の形までそっくりなんですよ)性格 動き、さらには
私によって 母娘 そっくりのおかしなカットをされて まるでママのミニチュアです。
こうしてみると 親子間の遺伝はすごいものですし
顎にも たぶん遺伝はあるのでしょうが
生涯産む頭数が少ないので まともな統計は取れないですね。
ピョルは子犬時代はっきりとしたアンダーショットでした。
両親ともに 綺麗な噛み合わせです。
徐々にわかりづらくなって 今では綺麗な噛み合わせです。

  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 22:50Comments(0)トイプードルあれこれ

2015年11月23日

イベント参加



このこ うちのこ ピョルです。
昨日はお友達のサロンのイベントに誘っていただいていたので 参加してきました。
この方 大変腕のいいトリマーさんなんですが とにかくすべて器用。
私は彼女にうちの犬の絵を描いてもらうの頼んであります。
犬の絵も 犬への愛情が垣間見れるような優しい絵、出来たら店に飾りたいので 見てくださいね!ウフフ。

さて 冒頭のピョルがつけてるのが チョーカ―なんですが
ブリザーブドフラワーとかでデコレートして作るので そのお教室。

ものづくりって楽しいですね
夢中になれます。
わたしも まいまいもとっても楽しく作りました。
で 出来上がったら撮影。
撮影もいいですね~~。来年の課題、、、、、なにか素敵なお写真のイベント考えたいです。


これは スタッフさんの愛犬君ですが 
シーズーブリーダーのプレイフルディディさんのお孫ちゃま!!
かっこいいでしょ~~。素晴らしい、、、、ここまでキープ出来るのは
並々ならぬ日頃の努力の賜物ですよね、、、うちのシーズー、、、、(´・ω・`) 短くしちゃった、、、、、(*´з`)
昨日はこの子に感化され 一番チビの四つ葉姫をロングにしようと画策中。


昨日の参加は ほぼプードルちゃんばかり。
楽しい犬話で盛り上がり、イベントいいなぁ~~って思いました。
どすべ、、、なんか考えてみるべか、、、、、、( *´艸`)






  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 10:01Comments(2)トイプードルあれこれ

2015年07月24日

暑い暑い~~~

夏本番、、、、、暑い毎日ですね~~。

今日は富山から かわいい女の子が交配に来てくれました~~。
今回が最後の出産だと思うので、、、とのこと( ..)φメモメモ
どうかかわいい赤ちゃんが妊娠しますように、、、

最後の妊娠だと思って、、、と交配依頼をいただくととっても緊張いたします。
可愛い愛犬の最後の子育て、
最後の子供たち、、、責任重大な気持ちになります。
そういうこと、、、たびたびあるなぁ、、、、滝汗
ブリーダ―さんですので なおさら どうか良い子が生まれますように。

パパにオススメしたのはレグルス。
彼、とっても良いお仕事します( *´艸`)
お相手もよかったのももちろんありますが
4~5頭妊娠が続いています。
おまけに可愛い小さめの子が産まれています
前回も県内のブリーダ―さんの最後のお産で交配し 5頭、、、
今までで一番かわいい子が生まれた~と喜んでいただきました。

この子 チョコちゃん。
レグルスの娘です。
かわいいでしょ~~。このお方1,5~6キロほどになったそうです
小さくてママさんも心配していましたが 1,5キロあれば なんとか一安心ですよね。
一年間 本当に一生懸命ご飯 食べさせていましたよね 笑
もう少し 大きくなれるチャンスは まだあります、頑張ってくださ~~い (たぶん見てくれてますよね)  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 21:33Comments(0)トイプードルあれこれ

2015年03月08日

気がかりな事


アンジェラはもうすぐ11歳になる私の愛犬
13歳のルビーとともに 暮らしてきた
その2頭、、、どうにもアンジェラの方が 老けて見えるのが気がかりなんですよ。
ルビーは 通算4回 アンジェラは5回 お産してますが
アンジェラが 特別多いわけでもないのに どうしてなんだろ。
本人の持った資質などもあるかもしれませんが
性格かな?
アンジェラは私がいないと ソワソワしたり 落ち着かない面が強くあります
ルビーは 精神面はとても安定しています、、、、
そういう不安定さが 老けこみにつながっているのかしら?

とりあえず 今 アンジェラは 食事の面と
色々サプリメントを試しながら 若返りを図っています。
暮らしは二人とも ほぼリビングで放し飼い状態でのんびりさせてますので
精神面は問題なしと思うのですが、、、

一番心配なのは 被毛の劣化ですね、、、
コシもないし 量も減った。

ルビーは みんなに歳を言うとビックリするぐらい 若々しい。
被毛も十分な量と まだ ハリもあり カットしやすい。

以前獣医さんとこの看護師さんが言ってた。
「外見の若さは 内面の若さに比例してるみたい、、」
というひとこと。
これ 絶対当たってる。
とすると、、、、アンジェラ、、、
なんとかしなくちゃ!!
よいサプリなどの 情報ございましたらお願いいたします

  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 11:52Comments(2)トイプードルあれこれ

2015年01月30日

ブリーダーをしていると、、、、、

一般の方々はブリーダーの事をどんな人たちだと思っているのかな、、、
あまり いいイメージ持っていないのではないかな?
なんて 時々思います。

実際自分がどうしてブリーダーをしているんだろうか?
なんて考えることもある
はたから見るより ずっと大変な事も多いし
一日のほとんどを 犬への注意で費やしているような気がするし
気の休まる日は一日もない気がする。
それでも ブリーダーをしているのは やっぱり 犬が大好きだからだろうと思うし
犬のいない生活なんて 生涯考えられないと思っている。

生命の誕生に立ち会える素晴らしさの反面
心配な事、大変な事、胸を痛めること たくさんあります。
それでも続けてこれたのは その都度 相談できる素敵な仲間がいたことも大きいです。
クヨクヨした思いで 電話する、、、、聞いてもらって 少し気が休まる。
逆の時は 我が事のように心配だし 出来る限りの情報の交換をしたり。
そんな時同じ仕事に携わる仲間だからこそ わかりあえるものがある。

先日 とびきり嫌な出来事があった。
いつも相談する師匠にも毎度のことながら 聞いてもらったし
大阪でサロン経営するお友達から 昨年紹介していただいた
ブリーダーを30年以上もする 大ベテランのTさんにも
聞いてもらって 沢山のアドバイスと 激励をしてもらった。
物凄く忙しい人なのに こんこんと話を聞いてくれて アドバイスをくれた。
その一つ一つが 心にしみた。
物凄く有難かったし 勉強になった。
いつも相談する仲良しのママには 事情があって 電話しなかったけど
昨日電話くれて 沢山話聞いてもらった。
おかげで 少しずつ気持ちがほぐれていった。

見た目と違って 結構クヨクヨするし
相当 泣き虫な私。
悲しい事があったり 悲しいドラマ見たりでも 子供達も呆れるくらいワンワン泣く。
でも 思いっきり泣いたら また前に進める。

私は犬が大好きです
生き甲斐です。
どうにかして今より良くしたいという思いがある限り ブリーダーをやっていけるかな、、、、
って思っている。
命と向き合う仕事であることに自覚と責任を持って 頑張っていきたい、、、。

なんでしょ?今日の話題。
ちょっと思いを書いてみたくて書きました。

小さな 小さな命
輝いてる
みんな みんな 幸せになる権利を持って生まれてきてる。
どうか みんなが幸せでありますように、、、、  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 13:19Comments(0)トイプードルあれこれ

2015年01月21日

トイプードルの骨折

トイプードルはもともと骨が細い犬だと思います。
同じ体格のダックスなどの足は太い太い。

トイプードルの骨折は良く聞きますね~~。
よく折れるんだなぁ、、、と思っていました。
私んとこは10年以上骨折が一度も、一頭も、ありません。
これは幸運なのだろうと思うほど 良く聞くのですよ。

動物病院などでも 骨折のわんちゃんよくいますね。

私は特別なケアやサプリを与えたりもしていませんが
外を駆けずり回り 適度な筋肉を付ける事が 骨格へのサポートに
成るのは間違いないと思っています。

さてさて なんで 骨の事を書いたかといいますと
私の祖母が96歳で 骨折してしまったのです。
そして ひと月もたちましたが なんと 骨がつながってきたというのです!!
驚きでした
96歳でも 骨折した骨に再生能力があるとは 驚異ではありませんか??
骨折したと聞いて 落胆した気分でいましたが
ビックリです。

骨が折れたわんちゃんで なかなか骨がつながらないというのを
耳にしますが
どうしちゃったんだ!!ワンちゃん達!!と思う私です。





   


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 14:09Comments(0)トイプードルあれこれ

2014年11月07日

肛門腺を取りました


これ 以前の使い回し写真ですが ルビーの可愛い写真です。

うちの るーたんは 肛門腺を絞りにくく
出づらく 時折 膿んで爆発することもある おそるべきキラウエア火山みたいなものでした。
あ、 たとえが的を得ていなくて 全く意味が解りませんね。
ま、なんせ 時々爆発するということですわ。

で、そうなると食欲もなくなるし 心配なんですよ
1~2日で良くなるし 大したことないといえばないのかもしれない。
でも 肛門腺の炎症を繰り返す子は除去も選択肢だと知ってからは 考えてた。

12歳だし 麻酔のリスクも今がまだマシなのでは?と考え
踏み切ることにした。
体力のある今 破裂しても なんとかなるにしても
もっと年を取ってからでは 致命的なリスクになる可能性がある。

私の大事なるーたん、 長生きしてほしい。
老衰なんだから、、、とすんなり諦められる年まで
生きてほしい。

可愛くて賢くて
わたしにプードルの魅力を教えてくれた子です。
孫やひ孫に囲まれて いつまでもいつまでも元気でいてほしいのです、、、、、。
  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 22:04Comments(0)トイプードルあれこれ

2014年05月13日

腰痛が、、、、、

イテテテテ、、、、、
腰痛が、、、、、、、、、、、、、

昨日 再び左官作業をしていた私。
新たな遊び場の コンクリに小さな隙間があるんですわ。
そしたら そこから もしや 団子ムシやら ゲジゲジやら侵入してきたら大変だわ、、
と思うと 放置できず 昨日一人でセメントこねて 作業しましたが
腰に来た、、、

左官の人達 大変なお仕事ですね。
私腰痛持ちだから 無理ですわ。

でも 頑張ったおかげで 隙間もなくなりこれで安心して遊ばせられます。

どこまで行くんだろ、、、私、、、、、、、、、、、、、

今日も関連性のない子パグの画像でお楽しみくださいませ。 

  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 14:14Comments(0)トイプードルあれこれ

2014年03月04日

犬の気持ちというけれど゜゜(´O`)°゜

自分の可愛い愛犬の気持ちを知りたいと常日頃思っていますが
どうしても わからない事もあります。



これ ヴィーノ君のお部屋です。
カゴにお布団しいてあげると 喜んで中で寝ます

それなのに、それなのに、、、、、、

なぜか彼は お布団の下に うん★をしてあります
居心地悪くないのかしら?

上には絶対していなくて 必ず 布団をかぶせてあります。

見たくないのか?
無かったことにしたいのか??

それ以外は お部屋は本当に綺麗に使うのに
この性癖は謎です、

野生動物もウン★を隠したりしますし そんな感じかもしれませんが

チッコをシーツにしたら 折りたたんでおく、、という事をするバンビの娘も
こないだ同じことしてありました。

小さな頭で 可愛らしく色んな考えしてるんですね、、、、
にしても 布団に あんなもの、、、、、、

アンジェラも以前、一人部屋の時
していましたが 今は直ったなぁ、、、、なんでだろ。
  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 11:00Comments(0)トイプードルあれこれ

2014年02月17日

トイプードルのサイズ

トイプードルの正しいサイズについて 皆さんご存知でしょうか?
私は トイは28センチ以下、とだけ覚えていました。汗

ジャパンケンネルクラブの記述によると

トイプードル 24~28センチ 25センチが望ましい

ミニチュア  28~35センチ

ミディアム  35~45センチ

ということらしいです。

トイプードルは25センチが望ましいとありますが
サロンに来るワンちゃん達は このくくりからいうと
サイズ的にはミニチュアな子が かなりのウエイトを占めているように感じます。

ブリーダーとして 私が目指していたものは
当初 お顔の可愛いプードルでした。
愛くるしくて何時間見てもうっとりするような可愛い子がいいなと思いました。
そのうち 俗に言う ティーカップサイズの子が生まれてくると
独特の可愛らしさにすっかり夢中になりました。
その頃 近所にいた小さなプードルの男の子が ちょっとした段差から落ちて亡くなるというショキングな
出来事がありました。
当分私はその衝撃が頭を離れませんでした。

世の中が次第にティーカップ、はたまたマイクロとどんどん小さなサイズを欲すると
そういう子が たくさん生まれるようになりました。
並行して ちょっとしたことで亡くなる小さな子の話を よく耳にするようになりました。

そのあたりから ティーカップサイズの母親は使わないでおこうと決めました。
今いる子は こぶりではありますが しっかり2キロ以上はある子達ばかりです。
そのぐらいの体なら 十分な母乳も望めますし安心です。
とは言いましても 父親たちが ティーカップなので ティーカップサイズの子はやはり生まれます。
1,8~ちょうど2キロくらいの ほどよいサイズの健康な子を作りたいのですが、、、。
私自身いろんなサイズのこと暮らしましたが
正直 小ぶりな子が 一番飼いやすいと思うんですよね、、、、、。

小さな子がみんな病弱なわけではありません。
きちんとした遺伝的背景を把握したブリーダーさんからは健全なちびちゃんもたくさん生まれていると思います。
しかしながら一方で トイプードルのウイークポイントである膝の悪い子も増えたりするように思います。

お客様から ティーカップって弱いんですか?
という 一抹の不安からくるご質問をよく受けますが 返答に困ります。

根拠は このスタンダートからかけ離れた サイズの子達の
一生がどのようなものであったか語るには 歴史が浅すぎると思うからです。

私の手元に置いたティーカップサイズの子達は(現在はほぼオスのみですが)
どの子も 元気で食欲旺盛の活発な子達です。

矮小化することへの危険性を十分感じながらも一方で
あまり語られないのが 大きい子達のサイズです。

30センチを超える大きい子達はみんな 見るからに健康です。
その大きな体を作ることができた すごい食欲があったということが
健康なことのあかしですよね。
健康さはさておき
この頃 これも思うのは
トイプードルとして繁殖するのなら 少なくともそのサイズに見合った子を
おくりだすべきだと思うのですが。

かくいう私も なぜこの両親からこのサイズが、、、、という経験をしています。
その場合は その組み合わせは二度としません。

28センチ以下という理想体高を 念頭に置きながら
可愛らしい”小さめ”プードルを 作っていきたいなぁと思います。


  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 11:33Comments(0)トイプードルあれこれ

2014年01月20日

めいたんが来た~~~

アムアム改め めいたんが 今日シャンプーに遠くからきてくれました~~~

久々の再会、、、、
可愛くなってた~~というより 可愛いまんまでした 笑


このぐりんぐりんのキラキラオメメは ヴィーノにそっくり。
全体の雰囲気は ママそっくり。

愛らしくってぬいぐるみみたい!!
ママのペリエも あまりの愛くるしさに 抱きしめたくなり
毎日 ギューしてます。

にしても、、、、、、、、


これ、めいたんの行きかえりのスタイル\(◎o◎)/!
毛布ぐるぐる巻き。

トリマーさんたちと
「プリモ出身の子達ってさ 毛布にくるまれて登場するパターン多いよね~~~」
「確かに~~~」

そうです、プリモの子犬を迎えて下さった皆様は 過保護な方(--;、、、いやいや
本当に 大切に大切にして下さる方が多いのです。
有難いことです。
めいたん、、、、また会いたいな、、、、、、
今日は連れてきてくださって たくさんお話が出来て良かったです、、、、!!



  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 08:08Comments(0)トイプードルあれこれ

2013年12月13日

もうすぐクリスマスですねぇ~



可愛いワンちゃんたちも クリスマスにはパパやママから 素敵なプレゼントもらえるかなぁ?

うちの子たちにはどうしよう、、、。

今日のモデルは箱入り息子の ポコちゃん。
パパさんに 大事大事にされてます。
12月は 3回美容に来ますね。

他の月も月2回はキレキレしています。
ちいさくって とっても可愛い男の子です。

ポコちゃんは 何がもらえるかな??

今日はアラレが降りました。
クリスマスは ホワイトクリスマスかなぁ~~~~。

  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 20:21Comments(0)トイプードルあれこれ