› トイプードルのお城 PRIMO|ブログ › 我が家の愛犬

2018年11月22日

過保護はいけません



うちは男の子たち小さいのが多いんですけど 、
あらーパッピンス君、あんたは細いから寒さが響いてますね!とか言いながら
次女が毛布を巻きつけてた。

過保護はいけません!
と言いつつ 見れば皆さんこたつの周りに。
時代は変わった( ̄▽ ̄)  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 18:53Comments(0)我が家の愛犬

2018年10月24日

本当に大切な、、、



昨夜大学時代の友人とゴルフをしてきて帰宅した夫が
「奥さん お前のブログ毎日見てるらしいぞ」と言った。
そういえば半月以上ブログを書いてなかった、、、、見てくれてる人もいるんだな~~とぼんやり考えた。
とても向き合うことが出来ない事があり 逃げてたという感じだった。
10月6日、14歳半で大切な愛犬アンジェラが亡くなった。
もっともっと長生きしてほしくて頑張ったのに、頑張りすぎたのだろうか。
とか 何かが違っていたらもっと生きてくれたのだろうかとかそんなことばかり考えていた。

2年前 甲状腺機能が低下気味でお薬を飲んだところ余程体質に合わなかったのか重症の肝炎を起こし
重篤な状況に陥らせた事があったが 持ちこたえてくれた。
あの時亡くなっていたら私は自分の判断を悔やみ 一生後悔しただろう
でも彼女は頑張ってくれた。
仕事仲間の誰もが十歳超えて肝臓に甚大なダメージを受けたらまず無理だと思って覚悟する方がいいよ、、
と言われた。方々調べてくれた友人からは 同じ状況で亡くなったわんちゃんがいたらしいから
気持ちの整理を付けたほうがいいよ、、、とアドバイスをもらった。
もう駄目なんだろうかと思っていたのに頑張ってくれた。
有り難かった。奇跡的に復活し私の元へ帰ってきてくれた。
これからは一日一日を今まで以上に大切にお世話しようと思った。
そして今年初め位から後肢が思うように動かなくなり歩行出来なくなった。
脊椎の神経の圧迫で後肢の神経が影響を受けたらしい。
良いといわれることはすべてやった。鍼灸に通い 車椅子を作って貰い乗せてみた。
とてもイキイキとした表情を見せて歩いた
やはり動物にとってもクオリティオブライフというものは大変重要なものなのだと実感した
そうこうしているうちに 上半身しか動かないものだから 上手く動けず目を怪我してしまった。
車椅子の部品にぶつけたのかもしれない。
車椅子に乗ると喜んではいたけれど 長時間は嫌がった。
前足まで筋肉が落ちると大変だと 30分くらいは乗せていたのだが 疲れると自分でうまいこと転んで
車椅子から出ようとしていた。
その時かもしれないなと思った。

足がダメになった時より 目が見えなくなった方が彼女には大きなことだったように見えた。
それからは生きる気力が急速に失われて行ったように見えた。
ほとんど目が見えない16歳のルビーは それでも歩き回ってご飯を食べに行ったり出来るのに。
白内障などで緩やかに視力が落ちるのと 怪我で角膜に傷がついてというのでは 本人の気持ちが違うのだろうか。
一日中寝ているようになった。

9月半ばには上手く咀嚼できなくなり 食事の形態をあれこれ変えながら四苦八苦して食べさせた
9月末、口内炎のようなものを発見、それが原因かと思われた。もう好きなものを見せても食べたいそぶりを見せなかった。
口から栄養を採れないと判断して 経鼻チューブを入れてもらった。口が治れば良くなると思っていた。
亡くなった夜、いつもと変わらない様子で寝ていた、夫が隣にいた。
虫の知らせか 1時間前に夫に、私が彼女を抱っこして動画撮って~~と言って撮ってもらっていた。
その時は 抱っこの位置が気に入らないのか わんわん!!といったので抱っこの仕方を変えたりしたけれど
とても一時間後にサヨナラするなんて考えもしなかった。
苦しいよ、、、っていうわんわん!!だったのだろうか、、、、

小一時間、台所で用事をして見に行くと呼吸をしていなかった。
事態が呑み込めずに呆然とするしかなかった。
眠るように いつものように、、、、眠るように亡くなっていた。
隣にいた夫も気が付かなかったくらい静かに。。。

冷静に考えてみれば食べることが何より好きだったアンジェラが 食べないという意思表示をしたときに
もう終末に向かっていたのだと思う。
食べよう、、、という意欲は生きるという意欲に他ならない。

ただ茫然と涙を流しながら抱きしめていた。
思い出すのは何故か迎えに行った日の事ばかり。
5歳の娘と二人出かけて この子にする!って娘が決めた。
遠くから電車に揺られて帰宅して、
私達を信じて遠いところまでついて来たのだから生涯大切にしようと誓った日だった。

今まだ気持ちの整理がつかないし諦め切れない気持ちでいっぱいです。
まだまだ一緒にいたかったし
もっとお世話をさせてもらいたかった。それでこそ飼い主は納得できると思うのです。
あと何年だって生きていてくれるなら頑張れたと思うのです。

寿命っていうのはどうやって決まるのでしょうか。
持って生まれた体質がおおきく影響するでしょう。
また 性格も強く影響を与えると感じました
それについては 私の後悔も含め書き留めておきたいと思います。

今日 色々思いながら書いてみました。
毎日のように電話する母にすら このことを話せず半月以上電話出来ませんでした。
母にはメールで知らせていましたが 話せば泣くので出来ませんでした
母も泣くだろうと思って電話しなかったといいながらおととい 少し心配になって電話くれました。
一昨日お友達が誘ってくれて少し遠方に出かけたのですが そんな時はしばし忘れて 大笑いしたりしました。
有り難かったです。

きっとなかなか納得できないだろうと思うのです
一人になれば泣いてます。何もかもどうでもいいような気持ちになったりします。
でもきっと少しずつ癒える日が来るだろうと思います。
私と暮らして楽しかったかな??
幸せだったかな??
私は楽しかったよ、アンジェラ。
うちに来てくれてありがとう。大好きでした、、、、、
  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 10:26Comments(0)我が家の愛犬

2018年04月05日

九死に一生を得た&反省


これは若かりし頃のはなこです。

今月12歳になるはなこ。小型犬では12歳は若いとは思うのですが
人間との比較換算表によれば 12歳は小型犬で64歳 大型犬で89歳とありました(大型犬ちょっとオーバーな気もしますが)
ちなみに 16歳の小型犬ルビーは80歳らしいです。

老犬と向き合う日々は あきらめとか落胆が多い日々です。
色々なものを失いながら老いが進むわけですから、、、、、

昨日は本当に九死に一生を得たとつくづく感じた日でした。
はなこの尿が出にくくなり病院に担ぎ込んで緊急手術をしていただき 事なきを得ました。
膣にできたポリープが尿道を圧迫し 尿をだせなくなり大変な事になったのです。
ポリープに関しましては 女性ホルモン由来のものらしく同時に子宮 卵巣の全摘を行いました。
避妊をしない雌犬にできるらしいですが 人間のこぶしほどに巨大化しており
ここまで大きくなり尿道を圧迫したのは2例目だとのことでした。
秋に念入りに健康診断をして 次の年明けがあまりの多忙さにノビノビとなった結果がこれです
反省です。
不幸中の幸いとも言えたのが 子宮と膣という全摘しても問題のない臓器だった点です。
神様に感謝しました。
まだ生検結果が出ていませんのですっかり安心とはいきませんが、、、、

オスの肛門周囲の腫瘍同様 雌にもホルモン由来の腫瘍が当然あり、子宮蓄膿症、乳腺腫瘍など
去勢避妊を行っておけば 防げる病気なわけです
私の考えとしましては性ホルモンの活性期に取るのはメリットもあるとは思いますがデメリットも多いのではないかと感じているので
(実際避妊後 不調、弊害が出たという話をお客様達からチョイチョイ聞きますので)
減退期の6~7歳のまだ十分麻酔にも耐えられる時期に取るのが良いのではないかな、、と考えていました
実際 うちのプードル2頭は出産経験後、6歳で避妊して ホルモン由来の病気とは無縁の暮らしをして 14,16歳になっています。
初回の発情を迎える前に避妊去勢をというお話しをよく耳にしますが
実際 生き物にとって必要であるはずの性ホルモンを成長期の若年で除去する事の弊害はないのだろうかと考えます。
さらに多くのワンちゃんで避妊去勢の聞き取り調査を実施したいと考えています。

では何故はなこは避妊手術を受けていなかったかというと 夫の愛犬だからです
夫なりの強い思いがあり、絶対長生きさせるのだという強い思いがありました。
そして その為にもできる限りナチュラルに育てたいと言っていました。
避妊を勧めた時も反対し 密着度高く暮らしていますので変化には敏感だろうからいいか、、、
と楽観していたのもあります。
年約4回の定期検診では フラットの腫瘍の好発部位である 脾臓膵臓肝臓などの臓器や子宮を丁寧に診てもらっていましたが
膣とは、、、、、。
かかりつけの獣医さんを本当に心から信頼しておりますので
避妊去勢について最適な時期も含めて今度もう一度つこっこんでお聞きしたいと思っています。

今回元気に尻尾を振りながら出て来たはなこに感謝しましたし
また 犬は非常に我慢強く極限に達しないと ダウンしないのだということを改めて認識し
常にこのことを念頭に置き管理すべきだと強く感じました。
また特に大型犬にとって4か月は人間の2年近くに等しく、
4か月見逃せば2年が経過したことになるのだと 常に意識しなければならないと感じました。
話せないからこそ 人間が早めに対処することが何より大切なのだと肝に銘じた日でした。
こういう学び、失敗を事細かに書き溜めて私の知識として蓄積することで
お客様に 情報提供できるのだと さらに思いを新たにしました、、、、。




  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 11:40Comments(2)我が家の愛犬

2018年03月23日

感謝の日々なのだなぁ、、、

14歳(あとひと月ほどでです)と16歳のおばあちゃん犬のお世話をしている。
本当に日々衰えなどを感じてへこむ日も多いし お世話の量も比例して増えてます
介護については 毎日考えます、、いろんなことを。
どの子にも必ず訪れる老後です。
質問されたらお応え出来る様に 学んだり書き留めたりしています。

近頃ふと思ったのは この日々は感謝の日々なのだなぁ~~ってこと。
若かった頃の彼女たちから 本当にたくさんの可愛い!や嬉しい!や楽しい!!
などの素敵な素敵な日々のプレゼントがあって 
その日々へのお返しなんだなぁ、、、とぼんやり考えていました。
若い頃に比べると容姿も衰えてきます
でも愛情は全く変わらないし 執着?はもっと増えるものですよね。
うちのお客様で 前のワンちゃんを4か月間毎日注射に通ったんですよ、、、と
看病の日々を聞かせていただいたことがありますが
並大抵のことではありませんよね。
労力も時間もお金もかかるのですもの。
それでも ただ少しでも良くなるならばという切なる願いが伝わってくるエピソードでした。
今でもそれは苦痛を与えていたのではないかと思えて、、、とおっしゃってましたが
多分 私も必ず同じ選択をしたと思うのです。
やらなかった後悔だけはしたくないですね。

ただ一日でもいい 長くイキイキと生きていて欲しいと願います。
20歳まで生きた愛犬をお世話していた友人がうらやましくて 私も長生きしてほしいなぁと
思ったものです。
20歳にはまだまだ遠いなぁ。
それでも 一日一日を丁寧に過ごしたなら 少しでも近づける気がします。
私たち家族がもらった幸せを 少しでもお返しできたらなって思います。
去年アンジェラとルビーと三人で桜の並木を何度もお散歩しましたが
今年は無理そうです。
バギーの購入を考えている今日この頃です。
歩けなくても日光浴させたいなぁと漠然と思ってるんですけど
それも老犬には負担だろうかと考えたりもします
14歳なんてまだまだ若いのに老いてるアンジェラ。
頑張ってほしいなぁ、、、、、。

  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 00:42Comments(0)我が家の愛犬

2017年10月03日

辛いこと、、、、、、

ブリーダーを続けてきて悲しいことはやはり お別れ、、、、、、。

うちで生まれた子が亡くなる、、、、って事が 15年も経つと出始めています。
夫の愛犬花子が産んだフラットコーテッドレトリバー。。
割と短命な子が多い犬種ですが 母親の花子が元気でもう少しで12歳になろうとしていますが
息子アイルが先日虹の橋を渡りました。2年前にはアーム。
子犬のオーナー様達と親しくさせていただくということは いつか必ずこんな日が来るということでもあります。
亡くなった子が生まれた朝の空の色、嬉しそうな夫の様子、一生懸命だった花子の様子
子供たちの動きまで覚えている程なんです。
大型犬のただ一度のお産だったものですから、、、、。
何度も家族会を開いて貰って参加しました。
その思い出の一つ一つがよみがえって 辛いですね。

産まれたばかりの子犬たち、、、、輝いていましたね。
生きる意欲に満ちて 母のおっぱいに一生懸命吸い付くアイルが見えます。
犬の一生はなんて短いのでしょうか。
でも、犬との暮らしはなんて、なんて素晴らしいのでしょうか?
どれだけ私人間に 愛をくれるでしょうか?
私は傲慢にも 犬のお世話をするという表現をしますが
犬に与えてもらっているのです。
たくさんの愛や夢、信頼される喜び,生き甲斐。

ルビーが初めてお産した時の娘が今年がんで亡くなったと聞きました
双子の片割れの男の子は老け込んでは来ましたが元気です。
この子も去年階段から落ちて下半身不随になりかけて 診断と治療にに納得いかず 病院変えてもらって
治療した結果 なんと今は歩いています。

うちで生まれた子に関しては なかなか情が絶ち難く いつまでも気になるので
飼い主様からすると 口出ししてくるから、煙たいブリーダーかもしれません、
でも こういう性分なので仕方ないです、あきらめてください。。。。(笑)
うちの子の(もううちのこでもないのに、、、すみません)ピンチには黙っちゃいられません。

うち出身のの子犬を飼ってる皆さん、こんなおかしなことがあるけど大丈夫かな~~なんて
思ったら 煙たそうと思わないで連絡くださいね。。。。。
ブリーダーでもあり トリミングサロンも経営していますので いろんな情報が集まってきます。
お客様の病気の情報なんていうのはかなり突っ込んでお聞きします。
大量の情報を持っていないとおかしなことが起きたとき知恵を出すことが出来ません。
ブリーダーのお仲間の情報も貴重です
いつか必ず 思い当たるワンちゃんがでたらお話し出来るよう色々聞いたり調べたりしています。

一日でもいい、長く生きてほしい、これが飼い主の願いですが
ブリーダーの願いでもあります。

死というものは生き物の避けられぬことではありながら
本当に悲しいものです。
飼い主様の方が私の百倍もつらいはず、、、、、
素敵な思い出をたくさん残して旅立ったアイルの冥福をお祈りいたします。


  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 08:08Comments(0)我が家の愛犬

2017年04月12日

豆タンク



チビプードルを増産してしまった話題を載せましたが この人もそうだった、、。
子犬みたいに見えますが もうすぐ6か月の立派な?少女です。( *´艸`)
プティという名前どうり小さいんですけど 小太りですε-(´∀`; )
コロッコロしてます。
豆タンクみたいです。
こないだ トリミングに来てくれて(*'▽')
伸ばし中なのでおかしな髪型になってますが、、、、、笑
抱っこしたら 小さい割りに固太りのしっかりした体してました。
ものすごく良い子だったのでママとパパに報告しようとしたら
おうちでは ワルワルですよーとのお返事。
パパやママにはワガママが通じると思っているのですね。
それでいいです。
トリミングサロンではちゃんとわきまえた行動していたのですものね。
ママとパパを信頼している証拠です。
溢れる愛情で包み込んで下さっているので何の心配もしていません。

ただ 遊びの時であっても 甘噛みも注意しなくちゃですよね。
これは しっかり教えなきゃと 飼い主様にはお伝えします。
間違っても 人様を噛んではならないと教えねばなりませんねー。
  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 09:47Comments(0)我が家の愛犬

2016年09月13日

アンジェラのおかけです

危なかったー(/´△`\)
我が家にはわんこ専用ルームがあってそこに簡単な洗面台があって
私はそこで うちの子達のお布団の下洗いをしたり、お茶碗も洗ったりしてるんですけど
今日は お布団を つけこんでおこうと水を出して 他の用事をしに行った。
しばらくしたら  アンジェラが ワンワンなくので
なんだろ!うるさいなーと思った。
今日は用事があったので出掛けようとしたので アンジェラ達をリビングに出しておくわけにはいかなくて
しばらく それぞれの寝床で 休ませておこうと思っていたのだ。
いつもは そんな雰囲気は察してか アンジェラがしつこくなくことはないのだけれど 今日はやけに しつこくないた。

ちょっとアンジェラを叱ってやろうと プードル部屋に向かって 唖然とした。
出しっぱなしの水が溢れて ジャージャー漏れていたのだ。
げえ!!Σ( ̄□ ̄;)と思って
慌てて水道を止めた。
アンジェラはじーっと私を見ていた、、、
それからは なかなかった。
(;゜∀゜)

アンジェラは変な事になっていたので おかしいなーと思ってないていたみたいだ。
十四年前には 天ぷら油が燃えたのを ルビーが けたたましく吠えたてて 教えてくれた。

ありがとう、オバビ達。
危険を教えてくれてー(/´△`\)  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 13:31Comments(0)我が家の愛犬

2016年05月04日

おちびさん

新しい我が家のメンバー、、、ありゃ 名前考えるの忘れてた。
どうすべ?
姉弟 両方残留予定です。



可愛いですけど 食への貪欲さが見られずいささか不安に。
チマチマ、、、と食べてる。
子犬はわき目もふらず食べてこそ、、、という考えの私。
食の貪欲でないものは心配になっちゃいます。

もう少ししたら 貪欲になるのか~~??

先月全員旅立ったシーズー6姉弟は 貪欲だった、、、、。
気持ちよいほど食べてくれた。
貪欲すぎて 自分のご飯を食べながら人の茶碗に突進していく始末。
素晴らしい!!(笑)
それで 50センチくらい感覚を開けてお茶碗セットしてましたよ( *´艸`)

健康さが何より大切だと思っているので
もりもりご飯食べる子が一番ですね~~。  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 08:08Comments(0)我が家の愛犬

2016年02月05日

赤ちゃん大好き

一人っ子を産んで子育て中だったまおたん。
ポンポンの赤ちゃんが気になって気になって仕方ありません。
ポンポンの男の子二人を
まおたんに渡すと 嬉々としてオッパイを与え ペロペロなめて お世話を始めました。
かなり母性本能が強いこで産んだ赤ちゃんを なかなか見せてくれない子ですが
こんなにすんなり他人の匂いのついた赤ちゃんを受け入れるとはおもいませんでしたね。
三人の息子たちをおせわしながらも 隣から時々聞こえてくる チーチーというポンポンの赤ちゃんが気になって気になって仕方ないんです。
全部自分で面倒を見たいらしいです。
ところが ポンポンも 母性本能が意外にも(笑)強くて 子供たちと片時も離れたくないみたいです。
シーズーは体が大きいので 赤ちゃんを踏み潰す危険性があるので 子犬がある程度の大きさになるまでは 目が離せません。
家族が帰ってくるまで べったり監視しています。
その点 まおたんは小さいので圧死はないと思いますので安心です。
三人兄弟を満足そうに抱えて授乳しています。
まおたんの一人っ子も兄弟が出来てたくさんのプラスがあります。体重の推移を見ながら
まおが三人見きれるのかふたりにしようか 決めていこうと思います。
一人っ子だとその子が授乳していないときは 母犬は 暇になりますが
三人いますと 入れ替わり立ち替わりオッパイを飲みますので 充実感が違うようです。
兄弟同志固まって ねんねすれば安心ですし やっぱり兄弟がいた方が すべて良いですね。
さあ 今日の体重測定が楽しみです。  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 20:13Comments(0)我が家の愛犬

2015年11月30日

奇跡?の晴れ間


今日は3時まで 本当に素晴らしい晴れ間でしたね~~。
お庭の掃除をしながら チビたちと結構遊びました。
ボール投げをして もってこいをさせようとしましたが  取りに行っている間に 
ママを横取りされると思ったらしく 誰一人取りに行かず、、、、(´・ω・`)
それでも ママがいると本当に嬉しそうです

銀行行ったり獣医さん行ったり血統書申請行ったり モタモタで歩いていたら
雨降ってきました、、、、、

貴重な晴れ間だったんだ、、、、、。

これからますます北陸は太陽が有難い季節となります
工夫しながら 遊ばせたいと思います

写真が撮れなかったので 昔の写真でごまかしときます( *´艸`)  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 16:05Comments(1)我が家の愛犬

2015年10月30日

パジャマを買ってもらいまちた、、、。


ボク ことりくんです。
最近めっきり 寒いでちゅね。
ママさんに ブルブルブル、、、と寒いそぶりを見せてみましたら
「あら~~ この子 小さいから寒さがこたえるんだわ~~~!!大変大変 パジャマきせないとおお~~」
って 言いまちた。
このおうちの おませな次女も出てきて
「あら~~ そうやわ~~うふふ~~最近朝晩 冷えるんよね~~」
と 母親とそっくりの口調で いいまちた。
ボクは このお姉ちゃんが苦手です。
しつこく抱いたり いじったり 振り回したりちまちゅ。


これ ママさんが買ってくれた パジャマ。
温かいのでちゅが 今日のお昼に着せられて暑くてハァハァちまちた。
もっと寒くなってから着せてほしいでちゅ。
あ、それから ボクのお首のところのお鈴見えまちゅかな??
ママさんが 
「うふふふ、ことくん、これ付けてあげるわ!!招福って書いてあるから このお鈴つけたら
ことくん ラッキーなこと たっくさんおきるわ~~。おまけに 招き猫の形してるし!!
お母さん、これ100均で見つけたんだよううう!」
と満足そうに言っていまちた。いちゅも いちゅもヒャッキン ヒャッキンと言っていまちゅが 楽しいところなのでちゅかな?
遊園地みたいところでちゅかな??

大きいので嫌な予感がちまちたが ママさんが嬉しそうなので 黙って付けてあげまちたが
少し重くて 邪魔でちゅからな、、、、(´・ω・`)。
おまけに歩きまちゅと チリチリと大きな音がちまちゅち。


さて!!!!この パジャマ おしゃれトリミングリボンにて販売中!
宣伝の ヤラセ記事でした(;^ω^)、、、、あしからず、、、、、
ちなみに ことくんは1.2キロのチビですが Sサイズでした。
XSではなかった~~成長してる~~。
只今 おしゃれトリミングリボンでは かわいらしい防寒グッズが沢山入荷中。
見に来てね~~。

ママ  「ことくんには お母さん おやすみベストも買ったげる。もっと冷え込んだら~~」
次女  「そうそう、きゃきゃ ベストもいるよね~~」
ことり 「、、、、、 ボク、、、パジャマでいいのに、、、、まだそんなに寒くないもん、」

色々してあげたいのが 飼い主のサガなのです、、、(笑)

  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 10:22Comments(2)我が家の愛犬

2015年09月18日

息子達に会いに


手前の子が花子かも??って
近くに花子のいとこのアリッサ嬢(チャンピオンですよ~~)がいたのです
お顔がとても似ているのです~~何回か間違えました 滝汗


息子達に会いに 花子の息子のアイルぼっちゃまの別荘に行ってきました。
来年4月に 10歳になる花子。
恐怖の10歳です。
なぜ恐怖かと言いますと本当に 7歳くらいからガンなどに侵される子が多くて 花子も
母と 姉と兄が亡くなっています。
ですので 7歳くらいから ビクビクとした気持ちで過ごしています。

息子のアイルのママさんから ガイア(息子です)も来るので来てね、、と誘っていただいていたものの
年を取ってますます自由奔放、私を小ばかにする((笑))花子をコントロールする自信がなくて
おまけに よく使う左手の人差し指をくじいていて使えなくて リードを持つのもしんどくて。
アイル―ママさんに相談したら 連れてきてくれれば何とかするから、、、、、と言っていただき
甘えて 思いきって参加させていただく事にしました。
多分本当にあとがないのです。
こんなに若々しくて元気な花子ですが 10歳なのですもの。
後悔することになるかもしれない、、、と漠然とした不安もあり。。。。。

行ってよかったです。
沢山のフラットたちを見ることなんて花子は本当に稀ですし 嬉しそうだった。
アイルのパパさんをいつも好きなんですが 昨日も自分のパパだと言わんばかりに
わがまま言ってました。
鬼パパがいなくてなお 良かったかもね花子!( *´艸`)

昨日はシリウスママさんと初対面でしたが本当に気さくな方で病気の情報なども色々もらって
楽しいお話たくさん聞かせていただきました。
ありがとうございます、またぜひご一緒させていただきたいです。

子供たちの父親であるチェスターのママさんも久しぶりにお会いしました 昨年の三木のショー以来かな??
嬉しくってはしゃぐと頻尿になる(恥)花子の粗相に 素敵なカバーを貸していただきました。
すみません ありがとうございました~~。

楽しそうな花子をみていたら もっと もっと元気で生きていてほしい
子供たちの為にも長生きしてほしいなぁ、、、って 欲がでました、、、
10歳まで生きてくれれば 満足だと夫はいつも言っていました。
それでもあと半年で10歳、、、、、
元気なレギ子姉さん(11歳)を見たら 希望が生まれました。
花子 もう少しがんばろうね!!
皆さん 本当にありがとうございました。
お世話になるばっかりでしたが はなこにまた 素敵な思い出がふえました、、、、。

  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 22:02Comments(6)我が家の愛犬

2015年08月18日

夏旅行



夏らしくて 本当に素敵なお写真。
私のひそかな楽しみとなっている みむたんのママさんが送って下さるみむたん劇場の写真の数々。
何度も何度も見返して楽しんでいます。
みむたんは 只今生まれているノンノンの ベビ―達のお姉ちゃんです。


わんちゃんにも サンバイザー。
美人の当然のたしなみです、、、、(笑)




富士山より 高い高い~~してもらった図。
何とも微笑ましくて、、、、




アスレチックにも挑戦~~~~


これ 私が一番好きなお写真です
親子三人の影、、、という キャプションがついていました。
ほのぼのとした あったかい写真、、、、、
長い影、、午後でしょうか、、、
たくさん遊んだあとの三人かな??
なんて想像しながら見ています。

ワンちゃんたちにも 楽しい夏休みでありますように~~


  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 12:07Comments(2)我が家の愛犬

2015年07月05日

色んなお母さん

犬の子育てを見ていますが本当に色んなお母さんがいますね~~。

黒い子は生真面目ですので ルビーやミモザはとても几帳面な母親ぶりでした。
そつのない子育てという印象でしょうか。

レッドはまぁ 色んな子がいます。

アンジェラ、すぐ子育てには飽きちゃうけど おっぱいはたくさん出るので子供はスクスク育ち
子供が育つと 子供と楽しそうにふざけて 本気ではしゃいでいる 楽しいお母さんでしたね。
バンビは赤ちゃんは好きでしたが 子育ては苦手のようで 自分のお顔の前に赤ちゃんを置いて
満足そうに眺めているのが好きでした
見てばっかりいないで おっぱいあげてよ~~と言ったくらいです。
ペリエは 子育て全く興味なし ほとんど私任せ、授乳のみ参加、まさに産むだけ。

マオや マオの母親ララ、ノーヴェなどは とにかく愛情深くていつまでも子供に
おっぱいをあげています
通常 生後一か月くらいで おっぱいの分泌がガクンと減ります
並行して離乳食が始まりますので問題ないのですが
分泌の減少とともに母親も 授乳を嫌がり始めるのですが
この方々は いつまでもじっと我慢で子供に授乳させていますね。

私が一番感動したのは フラットコテーッドレトリバーのはなこの子育てでしたね。
ご飯をあげてもあげても 痩せこけていき 夫とどうしてだろう、、、
離乳食も始まったから 子供と離そうか、、、と相談していた時のことです。
はなこは食べた離乳食全部 吐き出して 子供たちに与えていたのを目撃したのです。

夫と私は唖然としたのと感動したので 涙ぐみました。
子供たちは はなこのおっぱいに甘ったれてすがりつき 離乳食を平らげ
さらにお母さんからご飯をもらって まるまると太っていました。
子供と離さないと 痩せこけて危険ですので 仕方なく夜間以外は別居させることにしました。
こういう 献身的な精神は プードルにはほとんどないように見えます

子供は好きだけど 私がママに甘えたいの!!
という感じですね。
ご飯も子供の離乳食の横取りをする子がたくさんいます、大違いです。
色々なお母さんがいますが 愛犬の育児の様子は本当に微笑ましいものです。  

この人も ギリギリがんばります~~~ののんきなアリアです

  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 13:39Comments(0)我が家の愛犬

2014年10月25日

ブレアちゃん、頑張ってる~~~

昨日我が家から旅立った ブレアちゃま。
貪欲なタイプでなく ご飯も遊び食べしてた彼女ゆえ ちゃんとご飯食べてるかな??
と心配していましたら
モリモリ食べて 元気です!
というコメントと お写真頂き 大感激


たった半日で 大人びて見えて ビックリしました
新しいご家族に 一生懸命馴染もうとしてるでしょうし
ママさんも ちゃんと 本を買って色々読みました、、、という
お話聞いて 安心しました

初めて犬を飼うときは心配が尽きないものだと思います
私は 10冊以上購入し 何回も何回も 読みふけりました

今 ネットというものがあるせいか 飼育本を買う人が少なくなったのかもしれません
それでも
本を買うとういう行動に 責任を持って育てるんだという意気込みを感じて
とても安心できたのです

聞けば何でも分かるのは 当たり前なんです
それでも 命なのです
すくなくとも基本的予備知識くらいは お迎えの前に得ようとするのは
当たり前のことだと思いつつ しない人もいるのも事実。

二人の小さな女の子を育てている若いママさんですが
この方ならお任せ出来る、、、と思っています。

ブレアちゃん、今日おトイレ失敗したらしいのですが
教えもしないのに きっちりトイレにしていた賢い子です。
「気長にがんばります」というママさんのコメント、 さすがです。

叱っても何の意味もありません
まだ3~歳くらいの幼児が 頑張っているんです
それでも環境に慣れれば 大丈夫。
必ず 覚えます!!

また 会える日を楽しみに 健やかな成長を願います、、、、、

  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 11:54Comments(0)我が家の愛犬

2014年09月19日

メット君、またね。    石川県 ティーカッププードル

飼い主様 募集記事を出した翌日には そそくさ旅立ったメット君、、、、。


おかあしゃん、お世話になりまちた。ボクがんばりまちゅ。
三つ指ついて お挨拶のメット君。

トレードマークのヘルメット頭を 普通のティディベアにしてほしいという
新飼い主様の ご要望に従い、断髪式。



うう~~~ん。
どっちにしても可愛いメット君なのでした、、、、、、。
  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 07:21Comments(0)我が家の愛犬

2014年07月19日

ちびちゃんの個室


うちのちびちゃん達は 日中ほとんど遊びほうけています。
自由に のびのびとさせるのだ~~~という考えで そのようにしていますが
反面 災害が来たら 閉じ込めになれていないうちの子はどうなるんだろ、、、と
心配でもあります。
それでも 日中 キャキャ!!と遊んだ子達は
夕方になると さすがに飽きるのか 自分の部屋に戻りたいそぶりを見せはじめます

みなさ~~ん!!コミュニティタイム終了で~~す!!と
私が 意味不明な掛け声をかけると みんな我先にと 自分のお部屋を目指します。

うちはマンション型なので 下の段は自分で入りますが あとは私が抱っこして入れます。
各自の部屋の真下に行くところが可愛いです。

これ うちの個室。
以前 木製のにしていましたが かじったりするし 完璧に掃除出来ないのが
たまに傷でした。
思い切ってステンのに変えて良かった。
全部で9部屋。

カゴに入りたい子、お布団だけの子、それぞれの好みに合わせて
お部屋をセットしてあげます。

夕方 お部屋でご飯を食べて くつろぎタイムに入ります。

犬とて 個人の時間が必要なようです。
個室では 何となくほっとしたように見えるのです。
  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 14:21Comments(0)我が家の愛犬

2014年06月19日

もうすぐお迎えです

アリアの子供達
離乳食もモリモリ食べて大きくなりました

昨日はミアンちゃんのお父さんとお母さんが サークルとか取りにいらっしゃいました
もう 組み立て終わったかな?
ミアンちゃんの到着を待つばかり、、、というところでしょうか?

そのみあんちゃんのママさん
とっても可愛い方です
「みあん~~みあん~~。ああ~~~可愛い あ~~みあんたん~~」
と言い続けて遊んでいきます 
なんか私に似てる、、、、子犬との遊び方が、、、、笑



写真撮ったりもりだくさん。

みあんの到着を楽しみにして下さってること 本当に嬉しいです。
  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 11:30Comments(0)我が家の愛犬

2014年05月31日

パグの子におっぱいを、、、



いま 赤ちゃんを産んでいるアリアちゃま。
小さくて可愛い女の子です
優しい性格で 同じく優しいノンノンと相部屋で暮らしてましたが 一足先にママになりました。
 女子同志  ウマが合わないと 相部屋は難しいんですよ。
今 相部屋してるのは 他には ルビーとミモザのブラック常識ペア、
時々 アンジェラとマオという 実の祖母 孫娘ペア、不思議ともめません。

話は戻り 子供達はかわいくなってきましたよ~~
アリアがとっても愛らしいお顔しているので 美形の雰囲気がもうでてきました。
今度 お写真撮って載せてみましょ、、、、。

さてさて そのアリア、甘えん坊なので
育児の合間に ママに抱っこしてもらうのがお楽しみなんですが
そうして甘ったれていると パグっこがイソイソと来て
おっぱいを飲むんですよ。
アリアも結構そのまま飲ませてたりします。
おもしろいでしょ。

今日 パグの子達が みんな旅立ちます
楽しかった子育てが 終わります
どの子も 大事にしてもらえそう、、運命のおうちに迎えてもらいます、、、、、、




  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 08:03Comments(0)我が家の愛犬

2014年05月29日

はなこの息子達のお誕生日だったよ

昨日は はなこがお母さんになった日。
前日 夕方から 陣痛が始まりパパが 付ききりで添い寝して
朝方 赤ちゃんを 産みました
いきんでた 真面目な顔とか 昨日の事のように覚えています。
子供たちのお陰で はなこは本当に楽しそうだった
溢れる愛情を子供たちに惜しみ無く与えていたね

私は 毎日 はなこの息子達の事を 思い出しているんですが
そのわけは うちに フラットの子犬のポスターが貼ってあるんですわ
それを見るたびに 子供たちどうしてるかな?と思うのですが
このポスターのせいで 子供たちはいまだに 子犬のイメージなんですよ

先日はなこは 定期健診してきました
年4回 エコーでウイークポイントを見るだけの簡単な検査ですが
脾臓 肝臓 女子なので 子宮など
最近できた できものは 脂肪でした、良かった。

ドキドキの8歳ですが
また 一度 息子たちにあいたいなぁ~~と思いましたぁ。
子供たちの希望となれるよう 長生きしてほしいな。

アーム、ガイア、リティ、アイル、ジェームス みんな元気な一年になりますように~~。
  


Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 07:44Comments(0)我が家の愛犬