› トイプードルのお城 PRIMO|ブログ › お母さんになる

2016年05月12日

お母さんになる

うちのレグルスの姉弟が友人宅にいます。その子がお母さんになりました。
父親はうちのヴィーノ。
可愛い双子の姉弟です。
子犬を久しぶりにお預かりしてシャンプーしましたが 健康そのもの。
コロコロとした体から元気がみなぎっている感じ。
飼い主であるママが どれ程献身的に子供達のお世話をしたのかわかるのでした。
小さな両親なので あまり大きくなることは期待できないかもしれませんが そこそこに育ってくれることを願います。

極小だとか ティーカップだとか小さめが好まれている昨今。
確かに小さいのは可愛いです。
私も小さいこを育てていますが 幼い時は手がかかりました。
もう一歳半ですし ご飯も自分でたくさん食べられますが 300gの時は 胃も小さいし量を食べることが出来ないため 少量頻回で育てました。
目が離せない期間が 他の子犬より長かったです。
今は 走り回ったり遊んだり他の子と変わりませんが 幼いときには手をかけたものです。
子犬を欲しいからとご相談下さるお客様には 小さなサイズのこの特性を説明し それ故 私は積極的にはティーカップを作ってはいないこと、2キロ台位のプードルを
目指している事をお話ししています。
父親達は ティーカップを含めて小さめサイズですが 母親達は2キロ以上の子しかおりません。この組み合わせでいくと 大体よいサイズで収まっています
少し大きくなりそうだなという子は残します。
それでも結構 ティーカップやら小さいのは産まれるのですが 食欲のない線の細い子ではなく ちゃんとご飯をたくさん食べてコロコロとした 小さな子に仕上がります。
自分の子犬を育てていて思うのは 食べさせることに苦労した事がないなーということですね。
食べない子犬を前にすれば 途方に暮れてしまうと思います。

冒頭の子犬達 食欲がないとママがとても心配していたのですが 子犬を前回見たとき思ったのは 空腹を感じる暇がないほど食べてるんだなーということです。
多分遺伝的にそう大きくなるこたちではないので 恐らく小さな胃袋が いつも満タンなんだろうなーと思ったものです。

育ち盛りの時期に 満ち足りるほど食べた健康な骨格をもった子犬なら安心です。
この子達 努力の賜物で 本当によい子犬達です。

私も子犬を抱きながら やっぱり 健康な子犬が一番だなあーと思うのです。
ご飯の匂いを嗅いでも 飛び付かないような子犬は心配です。
ご飯に我先にと突進してくるようなこが私は理想です。



Posted by トイプードルのお城 PRIMO at 11:13│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。